じっちゃんの名にかけて!

英語学習, 本, エンタメ, 旅行, 仕事などの紹介

【仕事メール】もうメールで悩まない【メンタルヘルス】

仕事のメールの返信が怖い時がある。

例えば、朝起きたときどんなメールが来ているだろう、自分が送ったメールに対してどんな返信が来るんだろうと、いろいろ余計なことを考えてしまう人もいるだろう。

でも結論はいくら悩んでも何も変わらないのだ。

相手のメールにどんなことが書かれているかなんて相手の状況、気分、受け止め方次第だからだ。

だからこっちは何とも思わずに返信を待っていれば良い。

怖い返信が来たらどうしようとか、このメールを出しても納得してくれないかもとか、いちいち気にしていたら気がもたない。

自分はこう送ったけど、返事はあまりいいものではないかもな、でも、まぁ、いいか。

相手が不機嫌な感じで返してきても、別に部署全体で大ごとにされるわけでもないし、何も自分1人が責任を取るわけではない。

自分は組織の一個人でしかない。チームでやっていて、それはつまり相談できる相手がいるのだ。

何か困ったことがあれば、めそめそ1人で悩まずに他の人に話してみるのが一番である。

最悪、辞めてもどうにでもなる。生きていけるということ。

ただ私の経験上、自分の想定より悪くなることはない。むしろ思っていないところから矢が飛んでくることもある。なのでやはり心配しても無駄である。

 

Nobody will die if you screw up at work in 99.999% of case.

99.999%のケースで、仕事で失敗しても誰も死にません。

We have created our own sense of urgency and we’re anxious about it.

私たちは自身で切迫感を作り出し、それについて心配しているだけです。

See what they really are!

物事が本当に何であるかちゃんと見ること!

 

もし胸がきゅーっと苦しくなるとき、私にはそれを消してくれる合言葉がある。

 

Everything is going to be okay.

心配いらないよ。全てうまくいくから。

 

これを胸の痛みが消えるまで、何度も唱える。

不思議なことにだいぶ気持ちが和らぐのだ。

 

あと、仕事の後や休日に社内メールを見るのはやめたほうがよい。

休むときにきちんと休まないと、結局は明日の、翌週の仕事の効率を下げてしまう。

本当に緊急のときは電話がかかってくるものだ。

メールをすぐに返さなくても大ごとにはならないんだから。

 

Stop Checking Email After Work!

仕事の後のメールチェックはやめよう!