じっちゃんの名にかけて!

英語学習, 本, エンタメ, 旅行, 仕事などの紹介

屍人荘の殺人の感想【ミステリー小説】

今村昌弘による小説「屍人荘の殺人」(しじんそうのさつじん)の感想。

この小説のすごいところはシチュエーションが奇抜なところ。

 

 

屍人荘の殺人 屍人荘の殺人シリーズ (創元推理文庫)

英題: Murder at Shijinso

 

あらすじ

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。
合宿一日目の夜、映研のメンバーたちは肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。
緊張と混乱の一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった……!!

 

感想(ネタバレなし)

 

前知識なしに見たので、あれが起きたときは驚いた!!

I watched it without any prior knowledge, so I was surprised when it happened. 

犯人の正体には驚きはしなかったし、犯人の動機が弱いと感じた。

The identity of the perpetrator didn't surprise me, and I felt that the motive of crime was weak.

だけど、本作の本質はそこじゃないと思う。あれとの融合ミステリーなんて。あまり書くとネタバレになってしまう。

But that is not the essence of this novel. I couldn't imagine a mystery merging with "that". If I say too much it'll be spoiled.

印象的な小説でした。この作家の他の作品にも注目していきたいと思います。

It's an impressive novel and I will keep an eye on this author's other creation.

 

この本、読んでる最中、何度も宿泊施設の見取り図を確認するはず。

While reading this book, you should check the floor plan (layout) of the accommodation many times.